*スキマスイッチ×flumpoolが大好きな社会人の自己満ブログです(^ω^)*
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
2013/10/2flumpool 5th Anniversary Special 2Days Live 『1826 days & your 43824 hours』@日本武道館
10月1日はflumpoolデビュー5周年でした!
おめでとう(*´ω`*).+゚
flumpoolもついに5周年…あっという間だったなぁ。


そして!10月2日は

flumpool 5th Anniversary Special 2Days Live 『1826 days & your 43824 hours』@日本武道館 

に行ってきました!
本当は1日も行きたかったけどお休みが取れず2日目だけ参戦しました。*゚
  

半日お仕事してから東京へ向かったので武道館に着いたのは開場した頃。
武道館って門をくぐるんですねー!

グッズも早いうちに売り切れたりだったようで(私はお友達にお願いしてスケジュール帳をゲットしました^^)
席は2階席の南側。
武道館ってすごく大きいイメージだったんだけど全然ステージとの距離感は近いですね!作りの関係?ちょうど私の席はステージが真正面でセンター、隆太さんの立ち位置が目の前にきてました。
表情を観るのはモニターになるけどステージの全体図とか、色んな演出とかよく見えてすごく良い席.+゚
ただ、傾斜があるので前の席に落ちないかが心配でした。笑


マネージャーさんからアナウンスがあった後この日発売だった『強く儚く』と『Bilief〜春を待つ君へ〜』のMVが流れた後ついにライブスタート!

1.Because...I am
ダンサーが4人最初現れて…メンバー?と若干ざわつく会場w
メンバーはいつもの立ち位置で登場です^^

2.覚醒アイデンティティ
Becauseからの覚醒はテンションあがる♪
クラップはもうみんなお手のもの?

3.Calling
大好きなCallingが聴けた事もだけどUnclose@武道館のDVDで初めてCallingを披露した映像が頭をよぎって(私は参加できなかったんだけど)なんだか感慨深いなぁと。

4.微熱リフレイン
つま恋では聞けなかった微熱リフレイン。お友達と武道館で聴きたいねって言ってたので嬉しかったー。歌詞が可愛くてさわやかな曲.+゚

5.どんな未来にも愛はある
この曲を聴くと当時の色んなこと思い出すなぁ。今でも忘れられない、忘れてはいけない事。

6.two of us
イントロから全然違う音でモニターにタイトルが出るまでまったくわからなかった。笑
テンポも違うからいつものフリがちょっと違和感。。。でもアレンジすごいなってflumpoolの進化を感じたのでした。


MCどのあたりで言ってたのか曖昧なので気にしないでください。笑

隆太さんが武道館のみんなへ挨拶、そして今日はCD『強く儚く』発売とこのライブが生中継されてる事とか話されてました。

り『今日は始まる前にMVを観てもらったと思うんだけど僕らのCD強く儚くが発売されました。』

か『CD買ってくれた人ー!!』

会場『はーい!!』

か『じゃあまだ買ってないって人ー?』

会場『はーい!』

り『それ別に聞かんでええやろ』

か『じゃあ買う予定のない人ー?』

会場『はーい』

か『お前らもう帰れー!』

り『いや来てくれたお客さんに帰れはないやろ!』

か『じゃあ今日発売日って事自体初めて知った人?』

会場『はーい』

か『お前らステージあがってこい!』

こんな感じのやりとり。笑


か『今日はね、なんとカメラが入ってて今このライブが生中継されてますから!今のうちに化粧を直してくださいね、特にお母さん!』

り『なんでやねん、そんなんせんでもみなさんの笑顔が最高の化粧ですよ^^』

会場『きゃー!!』

でた、隆太さんの「笑顔が最高の化粧」発言w前も言ってたよねww

か『何お前いい人キャラ作ってんねん!』

り『いや、本当にみなさんの笑顔が最高の化粧ですよ^^』←スクリーンに最高の笑顔

そしてかーくんも負けじとカメラに笑顔するけど隆太さんの方がきゃーってなるw
でも隆太さん若干口元がね、口元が…w






7.labo
8.Hello
9.388859
10.タイムカプセル
11.Present
12.流れ星
13.ベガ〜過去と未来の北極星〜
14.ハイドレンジア
15.東京哀歌
16.フレイム

『今日発売のCDの中にも入っててこの会場でも流れてたんですけどリミックスを、今回は武道館の特別バージョンでやろうと思います!』

そんな隆太さんの言葉からメドレースタート!CDの方はシングル中心のメドレーだからこのバージョンは嬉しすぎたー♡
388859懐かしい(*´ω`*)
タイムカプセルではステージ下からギターを抱えたとある人がすーっと上がってきて…ん?

い、井上さんだ…!!!!(NON STYLE)

井上さんがなんとタイムカプセルを歌ってかーくんがハモるという驚きの演出w
そして歌い終わったら何事もなくすーっとステージ下へと消える井上さんww最高ww

ハイドレンジアではかーくんが歌う所から曲スタートだったんだけど隆太さんステージの横へ行っちゃってサビでいつもはハモるのにマイクの位置にいないっていうwかーくんかわいそうw
後ろの男性があとで『3人で歌った曲よかったなー』って言ってたのがすごく嬉しかったよ.+゚

あとはフレイムのイントロなのに東京哀歌が始まる演出とか、最後のフレイムで色んな思いがあふれてきてうるうる。。



り『ここでメンバー紹介でもしようと思うんですけど…せっかくなんで今回は全員に喋ってもらおうと思います!』

会場『わー!!』

なんと!5周年で初ですよ全員が喋るなんて・゚・(つД`)・゚・

り『まずはキーボード、大樹さんから』

だ『〜…〜・・・』

大樹さんマイクを使うものの声がうまく入らず小さいw
会場も??静かw

り『え、大樹さん??』

なんとか聞こえるようになるw

り『みんなの反応が小さいから大樹さん人気ないわって焦ったわー!笑』

か『まさか5年一緒にやってきたのに大樹さん…笑』


り『次は〜…元気!』

げ『あ〜はい…』

か『元気せっかくなんやでしゃべれや〜』

り『元気はね、本当こういうステージで喋るのが苦手で』

か『裏ではめっちゃ喋るのに!』

げ『だって知り合いめっちゃ来とるもん、友達とか…』

こんな感じの元気さんにほのぼの。笑

り『じゃあ次はリーダーの誠司!』

せ『みなさん、今日は僕らflumpoolの武道館公演に来ていただいてありがとうございます。』

会場『わー!!』

さすがリーダー、きっちり挨拶…と思いきや

せ『今日は自己紹介ということでですね、僕の生い立ちからお話していきますね、僕の父は小倉○○、母は○○(←ここ名前言ってたけど伏せときますw)○○で生まれてその後○○へ引っ越しそして兵庫県は西脇にてやっと家を〜』

り『おいおい!まさか全部喋る気じゃ・・・』

せ『え、これから先のメンバーと出会ってflumpoolが結成するまでの話を…』

り『それ何時間もかかるやん!!』

会場『聞きたーい!!』

せ『ほら、みんな聞きたいって言ってるやん』

か『それ全部言ったらライブの時間なくなるで、いいの?笑』

こんな感じwリーダー本当は喋るの好きですね^^

げ『あ、俺落ち着いてきたわ』

ここで急に入ってくる元気さんww

り『お前遅いわ!!笑』

そしてかーくんが話す事に。

か『俺今日ここへ来るときにタクシー乗ったら運転手のおっちゃんに「兄ちゃんバンドマンか」って言われてはいって言ったんよ、そしたらおっちゃん「エアロスミスか!」って言われたw』

り『エアロスミスwおっちゃんはバンドマン=エアロスミスなんやw』

って話したら誠司さんがドラムをジャーン!!と叩き出しかーくんが

か『Don't wanna close your eyes〜♪』

歌い出すかーくんw

り『ちょ、やめろや笑』

か『あ〜なんかエアロスミスになったみたいで気持ちいい』

り『これもしタクシーのおっちゃんが今テレビつけたらやっぱりエアロスミスや!ってなるんちゃう?』

会場『もっと歌って〜!!』

誠司さんがまたジャーン!!と叩くww

か『Don't wanna close your eyes〜♪ふふふふんふんふんふん…って俺歌詞知らんし!!笑』

こんな楽しい流れもありましたw





17.証
証も聴くとあの頃の事思い出す。4thツアーの映像とか色々。。。

18.花になれ
花になれはやっぱり特別な曲。みんなの盛り上がりが違うもんね。この曲でデビューしたんだもんね。*゚

19.強く儚く
バックの映像に今までのMVが流れてそれがflumpoolのこれまでの歴史をすごく感じさせてくれて、メンバーの若い姿を見てその頃の自分が何をしてたかとかこの時flumpoolの事こう思ってたなぁとか。

20.君に届け
君に届けも聴くと映画を観に大阪まで行ったこととか、当時の事思い出すなぁ。。思い出の曲。
『君に逢えた事本当によかったと』

21.reboot〜あきらめない詩〜
rebootはダンサーさん達が登場。これは定番^^
隆太さんが休養→復帰した頃の曲…って今回のライブ、振り返る事が多いかも私。笑


このあたりかな?前回から始まったflumpool名物のアレ♡



『東西東西flumpool名物多々あれど〜』


『まずは奥にいるのが長野が生んだ頼れる兄貴!キーボードの名前は!?』

ジャジャン!!って音が途切れる。

『flumpoolのキーボードの名前は!?』

ジャジャン!!
会場「大樹さーん!!」「高藤大樹さんー!!」


『flumpoolキーボードの名前はぁ〜!?』

会場「大樹さーん!!」「高藤大樹さんー!!」

『…キーボード、高藤大樹ー!!!』

隆太さんが名前を言ったあと大樹さんのかっこいいキーボードソロが!!.+゚


 
『続いて左側!揺るがす重低音!!粋でいなせなかぶきもの!ベースの名前は!?』

ジャジャン!!
会場「元気さ〜ん!!」

『flumpoolのベースの名前は〜!?』

会場「元気さ〜ん!!」「元気〜!!」

『ベース、尼川元気ー!!!』

元気さんのソロ♪


『続いて右側!愛と笑顔の伝道師!変幻自在の人気者!!ギターの名前は!?』

ジャジャン!!
会場「かずきさ〜ん!!」

『flumpoolのギターの名前は〜!?』

ジャジャン!!
会場「かずきさ〜ん!!」「かずき〜!!!」

『ギター、阪井一生ー!!!』

かーくんのソロ♪


『続いて後ろ!疾風怒濤のストイック野郎!!flumpoolのドラムの名前は!?』


ジャジャン!!
会場「誠司さ〜ん!」

『flumpoolのドラムの名前は〜!?』


ジャジャン!!
会場「誠司さ〜ん!!」「せいじ〜!!」

『ドラムス、小倉誠司ー!!!』

ドラムソロ♪


『最後!真ん中にいるこの俺は!?』

ジャジャン!!
会場「隆太さ〜ん!!」

『この俺の名前はぁ〜〜〜!?』


ジャジャン!!
会場「隆太さ〜ん!!」「りゅうた〜〜〜!!」

『俺の名前は山村隆太だぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜!!!!!』






22.MW〜Dear Mr.&Ms.ピカレスク〜
MWはみんなのテンション上がるね.+゚
誠司さんのドラムにかーくんのギターが最高にかっこいい.+゚

23.星に願いを
サビみんなで歌ったり♪
隆太さん途中で寝転がっちゃうしね。笑

24.夏Dive
振り付けの練習とか一切してないのに会場みんながばっちりサビ踊れてて『うわぁみんな知ってるんだ』って嬉しくなった^^
ただ、席と席が狭いからおもいっきりはできないけど。笑

25.イイじゃない?
ここでダンサーさんと一緒にツアーTシャツにツアーカーディガンでタオル持った井上さんが登場!
めっちゃ踊ってタオル振り回して盛り上げてくれてました♪
その井上さんにつられてか楽しくてか隆太さんも踊りだしてこれやばかった///←


アンコール

1.Belief〜春を待つ君へ〜
2.OAOA


特別ゲストMaydayが登場!メンバー1人1人にお花のプレゼント…が、かーくんだけ渡されたのは肉まんww
り『え、花束(自分)、花束(元気)、花束(誠司)、花束(大樹)、…肉まん?(一生)笑』
か『ちょっと待って、これ活動休止になるパターンやん!!』

と言いつつ美味しそうに肉まんを頬張るかーくんでした(*´ω`*)w

あとはMaydayの方の話す言葉を訳そうとする隆太さんですが訳せないwとか、Maydayに一人ずつ自己紹介してもらうときにベースの方が『ベースの元気さんです』って元気さんを紹介するっていうナイスボケをかましてくれたりw

コラボした2曲はとても素敵で、BeliefはMステで聴いた時よりよかった.+゚
隆太さん途中で歌詞間違えてたけどねw

3.大切なものは君以外に見当たらなくて
みんなで一緒に歌おうって隆太さん。サビを3回ぐらい練習。みんな完璧なのに3回も…やりたかったのかな?笑
これで終わっちゃうんだ、って切なくなったなぁ。。。

最後はMayday、井上さん、ダンサーさん達をステージに呼んで紹介して、flumpoolだけで各方向を歩いて挨拶して終わりました。
『みんなが来てくれたから今度、来年は自分たちが会いに行きます!』って来年ツアーがあるような嬉しい発言もありました♡










flumpool 5th Anniversary Special 2Days Live 『1826 days & your 43824 hours』@日本武道館

1.Because...I am
2.覚醒アイデンティティ
3.Calling
4.微熱リフレイン
5.どんな未来にも愛はある
6.two of us
7.labo
8.Hello
9.388859
10.タイムカプセル
11.Present
12.流れ星
13.ベガ〜過去と未来の北極星〜
14.ハイドレンジア
15.東京哀歌
16.フレイム
17.証
18.花になれ
19.強く儚く
20.君に届け
21.reboot〜あきらめない詩〜
22.MW〜Dear Mr.&Ms.ピカレスク〜
23.星に願いを
24.夏Dive
25.イイじゃない?
アンコール
1.Belief〜春を待つ君へ〜
2.OAOA
3.大切なものは君以外に見当たらなくて

Live Report / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://a-skm-day.jugem.jp/trackback/690